手軽に始められるホワイトニングで歯をケアしよう

自分の歯をきれいに保つ~ホワイトニングの特徴を紹介~

審美歯科で美しい歯!

歯科の中でも、虫歯や歯周病の治療と異なって、見た目の印象を良くするために行うのが審美治療です。美しい歯を作るにも種類がありますので、その中の5つを紹介していきます。

審美歯科での治療の種類

レディ

オールセラミッククラウン

歯に被せ物を施すことで、歯を美しくします。セラミックなので、金属アレルギーの方にも使用することができます。透明感があり、自然な色なので違和感がありません。強度もあり、茶渋も付きにくいのが特徴です。

ラミネートべニア

歯が欠けてしまったり、前歯の歯並びが悪く、歯と歯の間に隙間がある方への治療です。歯の表面をうすく削り、そこへオールセラミックなどでできた薄片を付けることによって隙間や欠損をカバーします。

ハイブリッドセラミック

奥歯に入れた銀歯などを、白くしたい時におこなう治療です。硬度も歯と同じなので、噛み合わせた時の違和感が少なく割れにくくなっています。色調も本来の自分の歯に合わせやすいのが特徴です。

セラミック矯正

自分の歯を削り、その上にセラミックでできた被せ物をすることで歯並びを矯正していく治療です。歯並びだけでなく、歯一つ一つの形や、色調も整えていくことが可能です。ワイヤーを使った歯科矯正よりも短期間で治療が完了します。

ホワイトニング

表面に薬剤を塗ることによって、歯を白くすることができます。短時間で行うことができ、歯を削ったり被せ物をしないので歯への負担も軽くて済み、繰り返し施術することができます。

手軽に始められるホワイトニングで歯をケアしよう

口元

手軽にできる審美治療は?

審美歯科には色々な治療がありますが、一番手軽に行うことができるのがホワイトニングです。種類もオフィスクリーニングとホームホワイトニングがあります。効果にも違いがあるので、より白くしたいという方には両方行っていくのがいいでしょう。

歯型

ホワイトニングにかかる費用

ホワイトニングをするにあたって、費用やケアについてはしっかり確認しておくことです。まず、ホワイトニングに掛かる料金ですが、オフィスホワイトニングの場合には15000~50000円程と内容によって価格帯にも幅があります。また、ホームホワイトニングだと15000~30000円程になっています。

男の人

アフターケアが大切

歯を白くキープしていくには、アフターケアを行っていく必要があります。半年に1、2回は追加でホワイトニングを行っていくのが理想です。また、施術後は歯に色素がつきやすい飲食物を避けるようにしましょう。

広告募集中